MENU

パンテーン アクアピュア ノンシリコンシャンプー

パンテーンシリーズ初のノンシリコンシャンプー「パンテーン アクアピュア ノンシリコンシャンプー」について詳しく買いsつしています。話題になっているコチラのシャンプーですが、具体的にどのような成分が使われているのか見ていきます。

 

パンテーン アクアピュア ノンシリコンシャンプーの成分

 

【主な洗浄成分】

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • コカミドプロピルベタイン

 

うーん…かなり刺激・洗浄力が強い洗浄力ばかり使われています。

 

「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」は、共に頭皮への刺激が非常に強い洗浄成分となっています。そのため、頭皮トラブルが気になる方、肌がデリケートな方には、おすすめできません。

 

【主な頭皮ケア成分】

  • パンテノール

 

毛髪の育成を促進する働きが期待されている「パンテノール」が入っています。

 

【残念な成分】

  • 香料
  • 安息香酸Na
  • メチルクロロイソチアゾリノン
  • メチルイソチアゾリノン

 

香料や安息香酸Naが、比較的成分表の上に表示されているのが気になります。一般的にシャンプーの成分表には、配合濃度の高い順に表示されています。これらの成分が上の方に書かれているということは、他のシャンプーよりも濃度が高いのかもしれません…。残念な成分も、頭皮への刺激が気になる成分が多く入っています。

 

パンテーン アクアピュア ノンシリコンシャンプーのまとめ

 

パンテーンシリーズ初のノンシリコンということで話題になっていますが、残念な結果となりました。特に洗浄成分には、頭皮への刺激が強すぎる成分がたっぷり使われているため、おすすめできません。

 

また、残念な成分にも刺激が心配される成分が多いという結果になりました。

 

最近では、大手メーカーからもノンシリコンシャンプーが販売されるようになってきていますが、ノンシリコン以外の成分がイマイチな商品が目立っています。シャンプーを選ぶ時は、洗浄成分をしっかりとチェックしないと頭皮トラブルの原因にもなります。

 

ノンシリコンだから良い!というわけではないため、気になるシャンプーがあれば事前に成分を確認する癖を付けましょう!

 

ノンシリコンシャンプーTOPへ