MENU

ラグジーモイストリッチノンシリコンシャンプーの成分

では早速ですが、ラグジーモイストリットノンシリコンシャンプーの成分を詳しくみていきます。

 

【主な洗浄成分】

  • コカミドDEA
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイルメチルタウリンNa

 

アミノ酸系の洗浄成分をメインにして比較的低刺激の洗浄成分を配合しています。

 

「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」が入っているため、洗浄力がやや強めとなっています。そのため、脂性肌の方は使いやすいですが、頭皮・肌が敏感な方、乾燥が気になる方は、少し刺激が強い方もしれません。

 

【主な頭皮ケア成分】

  • セラミド

 

セラミドには、うるおい保湿などが期待できる成分となっています。頭皮の乾燥は、抜け毛や薄毛などの原因になるためしっかりとケア成分が入っているのは良いですね。

 

【残念な成分】

  • エタノール
  • メチルパラベン
  • フェノキシエタノール
  • 香料

 

アルコールの「エタノール」、防腐剤の「メチルパラベン」「フェノキシエタノール」、香料が入っているのが残念です。これらの成分は、頭皮への刺激が心配されている成分なので、頭皮・肌が敏感な方は気を付けたほうがよいでしょう。

 

ラグジーモイストリッチノンシリコンシャンプーのまとめ

 

洗浄成分は、アミノ酸系の洗浄成分をメインにとても低刺激で頭皮にやさしい仕上がりになっています。

 

ただし、「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」が入っているため、洗浄力はやや強めになっています。頭皮が敏感な方や、シャンプーの刺激が恐い方にはあまり向かないですね。逆に、脂性肌の方には、ちょうどよい仕上がりになっているといえます。

 

また、添加物やいくつも入っているのも少し残念です。洗浄成分などがせっかく良いので、この辺りもこだわって作ってほしかったですね。

 

とはいえ、値段を考えると質の良いシャンプーに仕上がっているといえます。コストパフォーマンスは高めのシャンプーです。

 

ノンシリコンシャンプーTOPへ